土曜日午前10時すぎ

30代で初めて一人暮らしをする日々のあれこれ

仕事と人間関係と丸亀うどん

仕事が終わってから出張メンバーとごはんを食べに行きました。

先程ホテルに戻ってきたのですが、
帰り道なんとなく前回の出張を思い出しました。

前回と気持ちが違うなぁと。


5月にも東京出張があって、
そのときのメンバーと今回メンバーは異なります。

前回メンバーとはあまり会話が進まず、
というかわたしだけが会話の話題とか流れというかテンポについていけてない感じでした。
そのうち他のメンバーで会話が盛り上がり、
わたしはその場にいるだけのような状態。
話もふられないので、
だんだんメンバーに対して気後れするになってきました。
わたしのなかで、話をすることに緊張感や接することに対して苦手な気持ちが芽生えてきたんですよね。

そして、もう仕事以外のことで消耗しなくてもよいかもしれないと思い、仕事後のごはんも1人で行くからと言って他のメンバーとは離れて過ごしたんです。

一緒にいるために無理してついていかなくてもよいかもしれない。だけどなに話してるのか気になるな……みたいな。

でも1人でいるほうがまだ疲れない。
だから自分が消耗しないほうを選ぼう、と。

小さいことかもしれないけど、
仕事以外で気持ちを疲れさせたくなかったんです。


だけど今回メンバーとは
なんだか無理して会話に入ろうとか思わなくても、自然に接することができたんですよね。

声をかけてくれたり、お腹すいたねーとか言いあいながら自然な流れでお店まで行きました。

今日はみんなで温かいうどん食べよー!とか言いつつ、駅前の丸亀うどんへ。
わざわざ東京にきてまで丸亀なんですが、
わたしには美味しくて、そして有り難いなぁと思ったんです。


会話に対して構えたり緊張感みたいなものがないのって、こんなに仕事の疲れを緩和させるんだなぁと。


わたしは要領がよいほうではないし、
会話を盛り上げたりできるほうじゃないけど少しずつ接していこう。
苦手じゃないなぁと思える人から地道に地道に。

まだまだ人間関係で身構えてしまうこともあるけどね。



ではまた!